『九州産交ナイスデイバスツアー』冬の味覚王“とらふぐ”に舌鼓! 天草の海の幸は、お味噌汁とも好相性?

『九州産交ナイスデイバスツアー』冬の味覚王“とらふぐ”に舌鼓! 天草の海の幸は、お味噌汁とも好相性?

はじめに

スマートフォンもほどほど使いこなせるようになり、還暦を目前にして、ライター活動に精を出し始めました。
名前を明かしますと、親類から何か言われそう・・・。こちらでは「熊本小町」と名乗らせていただきます。

昨今、ようやく旅行もできるご時勢となり、県外にいる息子家族か娘家族(というより、お孫ちゃん♥)が熊本へ遊びに来たときの下見も兼ねまして、日帰りのバスツアーに行ってきました。

 

はい、「熊本発着の旅、グルメ自慢」で、熊本県民の皆様にはお馴染みかもしれません、『九州産交ナイスデイバスツアー』です。

以前は「女性の一人旅」には、いささかの引け目を感じましたが、今はもう慣れたもの。身軽で、気軽。
一方で、未だ慣れないのは・・・今回のバスツアー出発・到着地としました桜町バスターミナル。

当日は、どうにか団体バス乗り場までは無事に辿り着けたものの、着けば行き先の異なる他の団体様も同じ乗り場に集合されています。

一昔前のツアーなら、団体名の書かれたフリップを持った添乗員さんが集合場所にいらっしゃたのですが。
時代の流れでしょうか。添乗員らしき方はご不在です。

「乗るバス、間違わないようにしなくては!」と、少しドキドキし始めた出発10分ほど前、九州産交ツアーの添乗員さんがお見えになりました(ほっ)。

名前を呼ばれ、健康チェックシート、ツアー名の記載されたシールなどが配られて、乗車です。

定刻の930分、桜町バスターミナルを出発!

私が参加したその日は、35名の方が同行でした。
2人組みの若い女性(大学生くらいでしょうか)と、40代と思しき男性2人、
それ以外は皆様、私と同世代でしょうか。「旅好き世代」としましょう。

バスの中は、とても静かです。

今回のツアーの目的は・・・とらふぐ
そんな、天草の道中を綴らせていただきます。

《スケジュール》
西部車庫 熊本桜町バスターミナル(9:30) 松合食品(老舗醸造蔵)=見学・ショッピング ホテル松竜園海星=昼食・温泉入浴 藍のあまくさ村=ショッピング 熊本桜町バスターミナル(17:00) 西部車庫

入浴時のフェイス(小)タオルは貸出があります。バスタオルは各自お持ちください。

*重要*本記事はツアー参加日(20211117[])時点の情報です。時期によりツアー参加可否、及び内容等が変更になります。詳しくは『九州産交ナイスデイバスツアー』WEBサイトをご覧ください。

『くまもと再発見の旅 ~身近な人と身近な旅へ~』対象コースです。 

熊本県にお住まいの方のみお申し込みいただけます。
取消料は助成金対象にはなりません。
基本の旅行代金を基準として所定の取消料を申し受けいたします。
感染状況等により、事業期間や内容が変更となる場合がございます。

九州産交ナイスデイバスツアーにおける新型コロナウイルス感染防止≫ 

【12月末まで】熊本県民割「くまもと再発見の旅」GoToトラベル代替で宿泊最大7千円補助でお得!!

旅グルメ

私が九州産交ナイスデイバスツアーを知っていたのは、その時期の美味しいもの、見どころによってツアーが随時更新され、価格が良心的で、何よりもグルメにこだわっている点に好感。

以前は友人たちと同ツアーを利用したこともありました。

今回の日帰りコースでも・・・昼食に、とらふぐ会席。
正午前の11:40頃、定刻にホテル到着。すぐに昼食会場に通されます。

 

【ホテル松竜園海星】

ご覧ください。

今の若いコのように、箸で持ち上げた写真に挑戦してみます。伝わりますでしょうか、肉厚感。常套句になりますが、これを「ぷりぷり」と言うのでしょう。

ふぐは弾力性があり、加えて、とろけるような食感。
美味です。

 

ふぐは別名「てっさ」と呼ばれる、テッパンのお刺身はもちろん、小鍋でも味わえます。
たっぷりのあおさのり(こちらも天草の名産ですね)と一緒に、切り身としてお味噌汁にも入っていて・・・抹茶塩(この塩も天草の名産です)でいただく唐揚げも。

さまざまな形で味覚を堪能できる満足必至、とらふぐのフルコースです。

蛇足とは思いますが・・・「とらふぐ」とは、食用ふぐの中では一番の高級魚とされ、独特の旨みと食感でカニと並び「冬の味覚王」と呼ばれるとか。

お料理はふぐづくし・・・ですが、ふぐだけにとどまらず、タイもエビもカキも、炊き込みごはんもデザートも。
期待以上のお出迎え。うっかりしていますと、茶わん蒸しを忘れそうになります。

会場は大きな長机に、ツアー参加者で隣同士座ります。自然と会話も生まれるディスタンス。

昼食ながら・・・グルメ通の参加が多いツアー、お酒(お支払いは別になります)を頼まれる方々も多いです。

「何をご覧になってこのツアーを申し込まれました?」
「娘に日帰りツアーしたい、って相談したら『お母さん、ネットで良さそうなツアー発見したから』って、気付いたら予約が完了しててね」

「昔から(ナイスデイツアーの)名前は知っていて、先日の新聞広告で思い出して、すぐ電話したわよ」

ご注意点を申し上げますと・・・ふぐには、やや小骨もあります。お子様を同行(同席)の場合は、骨取りお手伝いは必要かもしれません。

ホテル松竜園海星 http://www.kaisei.tv/

「旬」体感!

 

【ホテル松竜園海星】
11月の晩秋からの季節は、あたたかい温泉が心身に染み入るとき。昼食会場となりましたホテル併設の温泉は別名「太陽の湯」とも呼ばれ、疲労回復に良いそうです。

まろやかな泉質と、明るい時間帯に見渡せる温泉からの海の眺望は・・・ぜひ現地にてお楽しみいただければと思います。

【藍のあまくさ村】
今の「旬」、と言いますと、少々大袈裟かもしれません。熊本市内からですと、ちょうど天草の入口付近に位置し、通年で立ち寄りたい観光・土産スポット。

その「いつもの、藍のあまくさ村」がようやく戻ってきたという意味で、本ツアー最後の訪問地に「旬」を感じました。

 

店内も活気づいていて、居並ぶ商品も、どこか誇らしげに映ります。
いつからいらっしゃるのでしょう・・・?
「今」を象徴する新しい光景としては、天草四朗様の像の麓に佇む、アマビエ様のお姿も。

 

店内を覗く限りは、かつての藍のあまくさ村。
店頭に咲く日々草(ニチニチソウ)も、そんな「当たり前」で、戻りつつある「日常」を待っていたことでしょう。

藍のあまくさ村 http://www.amakusamura.jp/

まだまだ他にも…!

【松合食品】
創業は、あのベートーベンが第九を完成させた年と同じとのこと(!)。みそ、しょうゆを中心とする商品を製造、販売する県内の老舗が松合食品です。

本ツアーでは最初の訪問地となり、見学時間は合計30分。芳醇なしょうゆの香りのする工場での滞在時間は15分ほど。

工場見学は、商品の製造工程をモニター画面で視聴という、シンプルなスタイル。その後は「見学用」という、モロミの樽を覗き込み・・・機械が動いている様子を拝見できますのは、その日は出荷準備の様子のみでした。
小学生の社会科見学ではないので、「旅好き世代」には十分です。

工場見学後は、松合食品の直売所へ。
直売所へ戻ると・・・お味噌汁の試食。

ここで体感できる、老舗のお味噌汁は、ここで私の稚拙な文筆ではあえて解説申し上げません。ぜひ、現地でご賞味を!

直売所前にて、「LINE登録で、しょうゆソフト」の看板。

しょうゆソフト!
お孫ちゃんと来たとき、「食べたい」言うかしら。でも・・・「しょっぱい」かもしれません。

味見を試みますが、LINE登録? 私には高等テクニックで、断念。
味見に至らず、ここを後にする時間となりました。

海沿いに佇む松合食品。
お天気が良ければ、季節によらず、キラキラとまぶしい海面に出逢えますよ。

松合食品 https://www.matsuai.co.jp/

まとめ

昼食と温泉をいただく、ホテル松竜園海星。

滞在時間はゆっくり2時間40分もあるのですが、ついつい、お食事もご入浴も寛ぎ過ぎますと・・・気付けば、意外に時間がありません。

私も昼食後、少しおなかを休ませがてら近所をお散歩。それから温泉をいただいたもので、温泉時間は大急ぎになってしまった始末。本当はもっと長くお湯に浸かりたかったのが・・・本ツアーにおいて個人的な、最大の心残りです。

本ツアーは年内いっぱい利用できる『くまもと再発見の旅』プロデュースとのこと。
ツアー参加者には2,000分のクーポンが配布されます。ただし、ツアー参加中は、いつでも、どこでも利用ができるわけでもありません。

本ツアーのスケジュールでは、藍のあまくさ村でのお買い物がおすすめです。

私は藍のあまくさ村で、「人気No.1」という、あおさのりを購入。

本日留守番の主人への、ささやかな手土産です。今晩の夕食の、お味噌汁に合わせたいと思います。
松合食品を出発後、バスの中で手軽なフリーズドライもいただきましたことですし。

*重要*本記事はツアー参加日(20211117[])時点の情報です。時期によりツアー参加可否、及び内容等が変更になります。詳しくは『九州産交ナイスデイバスツアー』WEBサイトをご覧ください。

*今回のバスツアーの内容*
《豪華!!天草とらふぐ会席グルメツアー》
催行期間:20211015日~20211222
旅行代金:5,0007,000円(大人お一人様/小人同額)
通常料金10,00012,000円(助成額3,0005,000円)
県内で使える2,000円分の地域限定クーポン付き

『くまもと再発見の旅 ~身近な人と身近な旅へ~』対象コースです。 

熊本県にお住まいの方のみお申し込みいただけます。
取消料は助成金対象にはなりません。
基本の旅行代金を基準として所定の取消料を申し受けいたします。
感染状況等により、事業期間や内容が変更となる場合がございます。

【12月末まで】熊本県民割「くまもと再発見の旅」GoToトラベル代替で宿泊最大7千円補助でお得!!

九州産交ナイスデイバスツアーにおける新型コロナウイルス感染防止≫ 

こちらにも九州産交ナイスデイバスツアーについて詳しく書いていますのでぜひ読んでください↓

【九州産交ナイスデイバスツアー】日帰りツアー! 人吉復興応援!秋の小京都・人吉城下、 そして…ひみつ基地ミュージアムへ!

インスタグラムも毎日更新しています!
さるクマでは、熊本の子育て世代にむけたランチ、公園、室内遊びなどの情報を発信しています。
フォローよろしくお願いします(*´*)