【面倒な確定申告もこれで楽勝!?】2019年3月に楽するために、今こそ選んでおくべきおすすめ会計ソフト。

【面倒な確定申告もこれで楽勝!?】2019年3月に楽するために、今こそ選んでおくべきおすすめ会計ソフト。

どうも。
確定申告が終わって心晴れ晴れなだもんです。

初めて確定申告した時は、やりかたもわかんないし、
何十時間も、かなり時間がかかった上に、
ドキドキしながら税務署に行きました。
思いの外あっさりチェックされて確認印押されたので、
なんか拍子抜けだったのですが。

今年の確定申告は意外とあっさり終わりました。
何故かと言うと、
クラウド型の会計ソフトを導入していたからです。

クラウドなのでもちろん
最新の税法に対応してますし
簡単に入力をもれなくすすめていけば、
あっという間に終わります。

ここ三年くらいでいろんなソフトを試したので、
オススメを2+1つご紹介します。



会計freee

こんな人にオススメ!
・多少お金(月980円〜)がかかってもいい人
・青色申告(65万円分の控除あり)したい人
・仕事でのお金の出入りが多い人

カンタン入力にかなり力を入れてあります。
仕事用の口座やクレジットを登録しておけば、
何度も入力するお金の出入りを自動で候補を入力してくれます。

つまり使えば使うほど、便利になっていきます。
今、僕のやつは、ほとんど候補が入力された状態で出てくるので、
クリックするだけでほとんど日々の入力が終わります。

初めて確定申告したときの苦労がなんだったんだろうと思えるくらいに衝撃的です。
ちなみに年額39800円のプランだと、レシートをとっておかなくてもよくできます。

個人事業主だとそこまでかさばらないと思うので、
そのまま手元に保存で大丈夫だと思いますけどね。

無料お試しはこちらからー!

MFクラウド会計

こんな人におすすめ
・青色にはしたいけど、お金はかけたくない
・毎月の入力はまだあんまり多くない。
・家計簿アプリ、マネーフォワードを使ってる。

青色申告できるのに無料で使えるという結構ありえない、
会計ソフトです。
ただし、毎月の仕訳が15件以下の場合のみです。
15件といっても、僕みたいな副業ライターレベルだと、
月に入金が1−2件と毎月でる経費が
家賃、ガソリン、ネット代、携帯代、と
ネタのためのご飯とかが4−5件なので、
全然余裕です。
こちらも、銀行や、クレジットを登録しておくと、
自動で取引履歴を取り込んでくれます。

仮に15件以上取り込むようになったときは、
月額800円〜利用できますのでfreeeよりも少し安いです。

ちなみにイメージするためのやりかたガイドブックも
プレゼント中だそうです。
こちらからどうぞー!

番外編:やよい会計

個人事業主の確定申告ですが、
申告方法が2つあります。
1つが、白色申告
もうひとつが、青色申告です。

青色にすると65万円分控除をしてくれて
税金がかかるお金が減るのでお得なのですが
避けられがちでした。だって面倒なんですもん。

ということで、未だに白色申告をされる方もいます。
65万円控除のボーナスが無い代わりに、
シンプルに計算できます。
そして、やよい会計であれば、白色はずっと無料で使えます。

初年度は売上もそんな何十万もいかないでしょう。
そういうときは、
白色からスタートするのもありかもしれません。

 

まとめ

実は僕は、
やよい白色→MFクラウド会計→会計freee
の順で使っていて、今は会計freeeを使っています。
この先もコツコツ頑張っていくために、
青色に変更し、会計ソフトを入れました。

MFクラウド会計から会計freeeに変えた理由は、
佐々木社長の記事を読んで素敵な考え方だなーと思って感化されたからです。
もちろん、どちらも使いやすかったっていのうもありますが。
正直な所、好みの部分も大きいので無料で試せるので、
どちらも使ってみて、使い続ける方を決めるってのもありかもしれません。

個人的には会計freeeユーザー増えると良いなー。